リシンプラス

カンジタ膣炎の治し方はいくつかあります。ここでは、三通りの治し方をご紹介します。

乳酸菌の力を使う

 

カンジタ膣炎発症の原因は多くの場合、疲労やホルモンバランスの変化、ストレスなどに伴って、免疫力や抵抗力が落ちることにあります。 酸性に保たれ常に清潔な常態であった膣内が、疲労、ストレス、生理などの拍子にバランスを崩し、カンジタ菌を繁殖させてしまうのです。だから、比較的再発を繰り返しやすい。

 

抗生物質の使用で体に善い働きをする乳酸菌も殺してしまうことも、カンジタ膣炎発症の引き金になります。抗生物質をちょっと続けて飲んでいたという方がカンジタ膣炎にかかってしまうことがよくあるのです。

 

カンジタ菌退治に特に有効なデーデルライン桿菌が配合された、サプリメントの利用です。

「フェミプロバイオ」はデーデルライン桿菌が配合されています。デーデルライン桿菌がカンジタ菌を追い出し、悪玉菌を抑制し、体内を正常な状態に保ってくれるのです。

 

よってカンジタの再発予防には効果抜群ですし、腸内環境なども整えてくれるので、便秘や下痢にお悩みの方にもおすすめ。

もちろん一方だけでも効果がありますが、この「フェミプロバイオ」と、「カンジタクリアスーパー」を併せて使えば、ほぼ100%カンジタ菌を殺すことが出来るということです。

つまり、治療だけでなく再発防止に効果大という訳です。 もし、比較的カンジタ膣炎にかかりやすいというのでしたら、お薬で治すのも良いのですが、根本から治療出来るサプリメントの使用がおすすめです。

 

ここでご紹介したアイテムを使えば、はじめてカンジタ膣炎にかかって不安になっている方も、何度も再発を繰り返している人もわざわざ病院に行くことなく治療を進めることが出来ます。

 

リシンプラス

 

カンジタ膣炎専用の治療薬を使う

 

カンジタ膣炎の治療薬として、モニスタットという人気商品があります。 これには3日用と7日用があり、それぞれ治るまでの日数を表しています。つまり、3日用なら3日で治る薬ということ。

 

モニスタットの成分は病院で貰うお薬と一緒のミコナゾールというものです。3日用と7日用で成分が違うのではなく、1日分に200mg(3日用)か、100mg(7日用)かの違いです。就寝前に膣内に入れる錠剤タイプのお薬で、一緒に痒み止めの外用クリームもついてきます。

モニスタットは、診断書も必要なく、問診もなく、誰にも顔を合わせずに購入できる治療薬です。病院に行きたくない人や、なかなか病院に行く時間がない人には特におすすめです。

 

リシンプラス

 

植物由来成分のサプリメントで治す

 

お薬でなくて、サプリメントで治せるというなら、その方が体に優しいと思いませんか?モニスタットはカンジタ治療に有効ですし、何日で治ると分かる点が長所です。しかしお薬なので副作用が出る方もいます。

 

その都度お薬で治すよりは根本からカンジタ菌に強い体を作った方がカンジタの再発を防ぐことができます。

カンジタクリアスーパーというサプリメントで、カンジタ菌に強い植物由来の成分が凝縮されています。

 

天然の抗生物質とよばれるオレガノは、殺菌作用が強く、カンジタには特に有効な薬用成分です。パウダルコとブラックウォールナッツは体の免疫力を高め、カンジタ菌の増殖や成長を食い止める効果があると言います。 特に殺菌作用が強いオレガノは、カンジタ菌にだけでなく、その他の細菌に対しても有効に働く成分です。

 

これらが、カンジタ菌に対して特に優秀な抑制、殺菌効果を持つといわれる三つの薬用成分で、カンジタクリアスーパーにはそれらがぎっしりとつまっています。 その名の通り、カンジタに狙いを定め、カンジタから身を守るためのサプリメントです。

 

リシンプラス

 

 

自分に合う病院がみつからない

 

性器に異常を感じて、見てみるとやっぱり様子がおかしい。 おりものの様子もいつもと違うようだし……。 性病かもしれなくても、すぐに病院に行こうと決断するのは難しいことですよね。 お医者さんにとっては日常茶飯事かもしれないけど、行く方は気恥ずかしさもあるし、急に病院へと言ってもなかなか時間が取れない。

 

どうせなら良いお医者さんがいいし、もう少し言ったら腕だけじゃなく印象が良いお医者さんがいい。そんなことまで調べてようと思ったら、やっぱり時間が足りない。 はじめてカンジタに罹った人は当然、その異変がカンジタだとは思わないでしょうから、不安になると思います。

 

ウェブサイトなどで自分の症状と照らし合わせて、やっとカンジタ膣炎と言うのだと分かる。

 

なぜ自分の性器に異変が起きたのか分からないという人もいれば、心当たりのある人もいて、尚且つ、ああカンジタだなとすぐ分かる人もいるでしょうが、病院に行くことがひと仕事だというのはあまり変わらないのではないでしょうか。

 

精神的に不安で億劫ということもあれば、単純に忙しくて時間がないということもある。カンジタに限らず日常では、病院の方から来てくれるのだったら仕方ない診察を受けようという気にもなるけど。。。と思うこともありますよね。病院に行くのは面倒なものです。 そうは言っても痒いし、とりあえず市販の薬で済まそうかということになる。

 

リシンプラス

 

男性のカンジタ亀頭包皮炎を自宅で治すにはこちらが参考になります。
>>男性のカンジタ亀頭包皮炎を正しく治療

 

なかなか病院に行けない場合の市販薬

 

病院に行けない、行きたくないと思っても、残念なことに市販されている薬の中でカンジタ膣炎の治療が出来る薬は簡単には手に入れられないものです。 自分で手にとって買えるものは、痒みを止める薬であってカンジタを治す薬ではないのです。

 

ではどうするかと言うと、治療薬を手に入れるにはまず、カンジタ膣炎だと医師に診断してもらった経歴が必要です。更に薬剤師さんの問診を経て、やっと購入ということになります。

 

つまり、はじめてカンジタ膣炎に罹った人は、薬局で薬を買うことが出来ません。 これは困ったことです。法律で決められているとは言え、はじめての人の方が恥ずかしい気持ちも強く、不安な気持ちも強いはずなのに、一度もかかったことない人は門前払いというのは意地悪だと感じても無理はないでしょう。

 

むしろそんな手順が必要なら、病院に行くより恥ずかしいということもあります。 薬剤師さんが男性だったら(それもあんまり印象のよくない、もしくはへんに恰好良い人だったら)、出直そうとか、違う薬局にしようと考えて余計に時間を使ってしまうことになります。

 

これなら素直に病院行った方が良かった。少なくとも病院のお医者さんは患者が基本的には性器に何かあって来ているって分かっているんだから、その辺の薬剤師さんにカンジタみたいなんですけどって不意打ちで言うよりハードル低いんだよね、と気付くことになるでしょう。

 

カンジタの前では薬局が全然お手軽じゃないという事実に直面するのです。 そこで、ここではそんなデリケートな悩みを持つ女性のために、誰とも顔を合わせずに自宅で診察から治療まで出来るアイテムをご紹介しています。

 

リシンプラス

 

通販で買える治療薬があります

 

カンジタは性行為で感染することもありますが、厳密には性病ではありません。

もともと体内に普通に住んでいるカンジタ菌(カビの一種)が、何かの拍子に膣内で繁殖し暴れるのがカンジタ膣炎なのです。 だから一人でも罹るし、性交の経験がなくても罹る病気。

 

症状は比較的判別しやすく、外陰部の炎症と激しい痒み、白くどろっとしたおりものや、ヨーグルトが固まってぽろぽろするようなおりものが特徴的です。 また、性交時や排尿時に痛みを感じることもあります。就寝前や就寝中に痒みが強くなる傾向もあり、ときには気になって寝られないこともあります。

 

放っておいても治ることはありますが、当然、悪化することもあります。おりものの量が増え、ずっとおりものシートをつけているせいで菌がさらに繁殖し、より広範に炎症を起こすこともあるのです。

 

以上のことに当てはまるなら、カンジタ膣炎の可能性が高いです。

もちろん、病院で診てもらうのが一番安心ですが、明らかにカンジタだと思うなら、通販でお薬を買って、自分で治してしまうのもひとつの手です。

リシンプラス